May 13, 2011

Cocoyon のリリースによせて

昨日、ぼくの友人の @N@trafnar が開発した Cocoyon という iPhone アプリがリリースされた。ベータテストの段階から使っていて、すごく便利だと思っているので紹介したい。

Cocoyon は、自分の位置情報を家族や友達とリアルタイムにシェアするための iPhone アプリだ。

iPhone で Cocoyon を立ち上げておくと、自分が移動するたびにサーバに自分の位置情報がアップされる。自分が動いている様子は、コンタクトリストに入れた人にリアルタイムに見えるようになる。

この便利さが一番わかりやすいのは、待ち合わせのときだと思う。

昨日、サンフランシスコで待ち合わせをしたときには、みんなが Cocoyon を入れていた。みんなが他の全員の位置をリアルタイムに知ってるので、あと何分くらいかかりそうだとか、そういった連絡をする必要もなく、すんなりとうまく待ち合わせることができた。先に着いた方としても、他の人がいまどこにいるのか知ってるので、何の心配もなく待つことができる。

いったんこの便利さを知ってしまうと、もう元には戻れない。いまでは、Cocoyon を入れていない人と待ち合わせをするときに、すごくストレスを感じるようになってしまった。それはなんとなく、ケータイを持ってない人と待ち合わせをするようなストレスに近い感じがする。

こう言うと、きっと「え、プライバシーはどうなるの?」と思う人がいるだろう。Cocoyon では、共有のオン・オフを簡単に切り替えることができるので、オンにしたいときだけそうすることもできる。待ち合わせのときだけ使いたいという人は、そういう使い方もできる。

ちなみに、ぼくはいつもオンにしている。位置情報をシェアしてる友人はみんな信頼できる人たちなので、ぼくの居場所が彼らにいつも見えていても困らないからだ。

むしろ、いつも位置情報をシェアしてると、近くのおすすめのお店を教えてもらえたり、昨日は○○にいってたよねー、みたいに話がはずんだりすることが多くて、ぼくにはいまのところメリットのほうが大きい。

この感覚を言葉だけで説明して理解してもらうことは難しいと思うので、興味のある人はぜひ家族や友人と一緒に Cocoyon を入れて、しばらく使ってみて欲しい。

2 comments:

Naoki Hiroshima said...

ありがとう :)

DPAr said...

興味深い 国際的な方はうらやましいです 
yamaha.synth@gmail.com